フィンジアとリアップどっちがおすすめ?人気の2商品の違いを検証

フィンジアとリアップ、どちらも育毛ケア製品として人気がありますね。

フィンジアはキャピキシルとピディオキシジル、リアップはミノキシジルが主成分となっており、それぞれ特徴があります。

どちらを選ぶかは、それぞれのメリットとデメリットで判断しましょう。

2商品の違いについて、詳しく解説します。

Contents

フィンジアは「化粧品」リアップは「医薬品」その違いは?

どちらも抜け毛に悩む男性に人気ですが、これらは薬機法では分類が違っており、片や化粧品、片や医薬品です。

医薬品のほうが効果がありそうですが、どうなのでしょうか。

化粧品・医薬品・医薬部外品のそれぞれの違い

「化粧品」とは、効能・効果が穏やかで、現状を改善する作用はなく、見た目を良くしたり健やかに保ったりする目的で使用されるものを指します。

そのため、何らかの改善「効果」を謳うことはできません。

対して、

「医薬品」は病気や症状の治療のための「薬」のことで、何らかの改善作用があると厚労省に認められた有効成分が配合されているものです。

ちなみに、育毛剤に多い「医薬部外品」は化粧品と医薬品の中間で、厚労省が許可した有効成分が一定の濃度で含まれているものです。

医薬品より治療効果は弱いのですが、副作用も起きにくいとされています。

ではフィンジアは育毛ケアに向かない?

この文章だけ読むと、医薬部外品の育毛剤は薄毛が改善されるが、化粧品だとそうではないようなイメージがありますよね。

しかし、実際には化粧品でも医薬部外品に劣らぬ働きをするものも少なくありません。

医薬部外品のデメリットは、例えば海外で臨床結果からその作用の働きが認められていても、厚労省に認可されなければ配合できないことです。

フィンジアのキャピキシルやピディオキシジルは海外で何度も臨床試験を行ない、多くの国でその効能・効果が認められています。

しかし、日本では現在のところ認められていないため、配合できないのです。

そこで、フィンジアは「化粧品は成分や濃度に対する規制が医薬部外品より緩い」ことからこれらの成分を配合した上で、化粧品として販売しているのです。

ただし、化粧品には効能・効果はないことになっているので、「育毛効果がある」といった表現をすることはできません。

リアップは育毛剤ではなく「発毛剤」だから医薬品

私たちは「育毛剤」というと髪が生えて育つようなイメージを持っていますよね。

しかし、薬機法でいうと、育毛というのはあくまで現在生えている髪に対してケアをするもので、新しく生やす効果まではないことになっています。

その点、リアップは生えていないところから生やす「発毛剤」なので、「医薬品」にカテゴライズされているのです。

主成分であるミノキシジルは医薬品のみが使用できる成分で、これまでは大正製薬のリアップの独占市場でしたが、最近アンファーやロート製薬なども参入しています。

その効果は日本皮膚科学会がAランクをつけるほど高い発毛率があるものの、同様に副作用も出やすいというデメリットがあります。

その点については、後半で見ていきましょう。

フィンジアには先進成分や返金制度などメリットがたくさん

ここでは、フィンジアのメリットを解説しましょう。

メリット①2大先進成分にはデータの裏付けがある

フィンジアの2大先進成分といえば、キャピキシル(アセチルテトラペプチド-3+アカツメクサ花エキス)とピディオキシジル(コピロール)です。

それぞれカナダとインドで開発された成分で、実証実験を行なっています。

キャピキシルの主成分アセチルテトラペプチド-3は、この表のようにミノキシジルの約3倍髪の成長率が活性化したという結果が出ています。

その他、偽薬(プラセボ)との比較では、キャピキシルを使用することで成長期の髪の量が増えたという結果も公表しています。

出典元:http://www.redenhair.com/img/cms/CAPIXYL-Techfile.pdf

また、ピディオキシジルはミノキシジルの副作用を抑えるために、分子構造を一部変えたものです。

試験管内試験、マウスによる動物実験ともに、ミノキシジルと同様の働きがあるという結果が出ています。

さらに、フィンジアの発売元であるユーピーエスが日本薬科大学と共同実証試験を行なっています。

それによると、髪の密度や太さ、硬さ、1つの毛穴に生える本数の変化などすべての点において、約半年で良い変化が現われたことが確認されました。

メリット②カプサイシンで浸透力アップ

いくら成分が良くても、地肌が固く毛穴が閉じてしまっていては浸透しません。

そこでフィンジアはゲートアクセス理論を独自開発し、唐辛子成分カプサイシンの刺激によって毛穴を開かせ、毛根部まで届く工夫をしています。

メリット③5αリダクターゼ抑制に働きかける天然由来原料も配合

フィンジアは10種類の天然毛髪成分を含んでいます。

その中でもヒオウギは5αリダクターゼが活性化しないよう働きかけ、褐藻は毛母細胞の細胞分裂に大きく関わっています。

メリット④副作用の心配がほとんどない

天然由来成分やアミノ酸などによって製造されており、副作用が出やすい医療成分を配合していないため、副作用の心配はまずありません。

ただ、自然素材を配合しているため、まれにアレルギーが起こることはあります。

メリット⑤全額返金保証制度で返品しても損なし

初めて使用して合わない、使いたくないと感じた場合は、全額返金してもらえます。

商品到着後30日以内、事前電話連絡、振込手数料差し引きなどの条件はあるものの、初めて使用する人には嬉しい制度ですね。

フィンジアにはデメリットも。使う前にこれも知っておこう

成分に関してはほとんどメリットしかないものの、それ以外の点で多少デメリットがあります。

デメリット①価格が高い

フィンジアは高機能成分を配合しているため育毛ケア製品の中でも高価ですから、継続使用はきついかもしれません。

しかし、原料単価が高いキャピキシルを使った商品としては安価なほうなんですよ。

満足度が高い人気商品ですから、少しでも安く手に入れて、半年は使ってほしいもの。

定期コースで少しでも安く手に入れましょう。

価格(税込) 1本当りの価格(税込)
単品購入 12,800円+送料640円 12,800円
3本まとめ買い 34,800円(送料無料) 11,600円
定期お届けコース(1本) 9,980円(送料無料) 9,980円
定期お届けコース(3本) 26,900円(送料無料) 8,966円

デメリット②1本の容量が少ない

1本が50mlで、一般的な育毛剤に比べるとかなり少なめです。

少ない量で充分なように作られているものの、広範囲に使用したい場合は1ヶ月持たないかもしれません。

そのため、使用する時はできるだけ髪の毛ではなく地肌につくよう注意が必要です。

また、頭皮マッサージで血行を良くすることで、少量でも浸透しやすくなりますよ。

リアップは日本最初の厚生省認可発毛薬。そのメリットは?

リアップはミノキシジルを配合した、日本で最初に認められた発毛薬で、多くのメリットがあります。

メリット①圧倒的な蓄積データによる発毛効果の証明

リアップは、市場に出るまでに研究に研究を重ねてきました。

それによると、被験者にリアップX5を1年間使用してもらったところ、変化なしあるいは悪化したのは6%で、94%が軽度~著明改善したという医師の評価を得ています。

また、1平方センチ当たりの本数は6ヶ月で21.8本増加、太さ40㎛以上の本数も0本が半年後には25.6本に増えるなど、確実に効果を出していることがわかります。

メリット②日本皮膚科学会のお墨付き

日本皮膚科学会では「男性型脱毛症診察ガイドライン」を製作し、ミノキシジルをAランクに挙げています。

調査では、男性だけでなく女性の薄毛にも高い効果が見られたということです。

メリット③薄毛レベルに合わせて選べる

リアップシリーズには1%と5%があり、薄毛の程度に合わせて選ぶことができます。

さらに、メントールをプラスして爽快感を出したものや発毛環境を整える成分を配合したものもあります。

メリット④購入が簡単

リアップは一般用医薬品で、ドラッグストアなどで簡単に購入できます。

リアップはタイプによって量が違い、最も効果があるといわれるX5プラスはフィンジア同様容量が少なめ(1ヶ月分60ml)です。

そのため、塗る範囲が広いと1ヶ月持たない場合があります。

そんな時でも近くのドラッグストアですぐ購入できるので、継続して使用することが容易です。

メリット⑤リアッププレミアムクラブに入会できる

公式サイトでは、無料で登録できるプレミアムクラブを展開しています。

有用なヘアケア情報のほか、X5シリーズ購入時のシリアルナンバーでポイントが貯まり、キャンペーンに応募できます。

なお、登録はリアップ購入者以外でもでき、育毛ケアやメンズファッション、ビジネスマン必読のコラムなど、男性向けの記事が満載です。

リアップ(ミノキシジル)には大きなデメリットもある!

リアップはメリットが多いものの、デメリットもあります。

デメリット①副作用が出やすい

添付文書にも記載されていますが、リアップには皮膚の発疹、発赤、かゆみ、かぶれ、フケ、頭痛、胸痛などの副作用があります。


出典元:https://www.catalog-taisho.com/pdf_product/06801_Explanation1.pdf

副作用の発生率は8.82%と高く、約11人に一人に何らかの症状が出るということになります。

さらに、以下の人も医師や薬剤師に相談するよう書かれています。

・高血圧または低血圧の人
・心臓や腎臓に障害のある人
・むくみのある人
・甲状腺機能障害の人
・高齢者

これらに当てはまる人は少なくなく、使用者がある程度制限されることになりますね。

デメリット②どんな脱毛症でも効果がある訳ではない

リアップは「壮年性脱毛症」のための薬です。

壮年性脱毛症はAGAの一種で、特に壮年期(大体25歳~45歳頃)に起こるものをいいます。

そのため、AGAでも20代前半や50代以降の場合期待した効果が得られない可能性があります。

また、男性に多い「脂漏(しろう)性脱毛症」という皮脂の過剰分泌が原因の脱毛症や、円形脱毛症にも効果は期待できません。

デメリット③発毛のための薬で育毛作用が弱い

リアップは発毛がメインの目的の薬です。

製品によっては皮脂をコントロールし頭皮環境を整える成分が配合されているものの、現在生えている髪の毛へのケアは弱いと考えられます。

デメリット④初期脱毛が起こりやすい

初期脱毛とは、発毛剤や育毛剤の作用で一時的に髪が抜けること。

抜けるのは栄養不足の弱っている髪で、それが抜けてから太くしっかりした髪が生えてきます。

通常1ヶ月程度ですが、リアップの場合抜け毛の量が多くなったり期間が長引いたりする傾向があります。

まとめ:フィンジアとリアップは年齢と症状で使い分けよう

どちらにもメリットとデメリットがありますが、どのように使い分ければ良いのでしょうか。

商 品 名 フィンジア リアップ
価  格 8,966円(3本定期コースの場合) リアップ(5,500円/9,500円)
リアッププラス(5,239円)
リアップジェット(3,800円)
リアップ5Xプラス(7,048円)
容  量 50ml リアップ(60ml/120ml)
リアッププラス(60ml)
リアップジェット(100ml)
リアップ5Xプラス(60ml)
代表的成分 キャピキシル ミノキシジル
ピディオキシジル
発毛・育毛 育毛にフォーカス 発毛にフォーカス
脱毛抑制を促す成分 あり なし
臨床データ あり あり
副 作 用 なし あり
購入場所 公式サイト 市販(ドラッグストアなど)各ショッピングモール(直販なし)
返品・返金 全額返金保証(初回のみ) 不可

2つの違いは「育毛」か「発毛」か

これらの大きな違いは、育毛メインか発毛メインか、ということです。

フィンジアは、5αリダクターゼ対応の成分以外に多くの毛髪成分が配合されており、生えている髪のケアを重視しています。

対してリアップは、減ってしまった髪を増やすことを重要視しています。

壮年期で薄毛がかなり進行している場合は、現在残っている髪のケアより新しい髪を生やすことのほうが大切ですから、リアップが向きます。

壮年期以外はフィンジアで育毛ケアを

10~20代の薄毛は、AGAとは限りません。

脂漏性脱毛症の場合もあれば、ストレスや食生活、生活習慣の乱れが原因の場合もあります。

そのため、まずはフィンジアで頭皮環境の改善を整えることをおすすめします。