フィンジアとチャップアップどちらを選ぶ?4つの比較で賢く選択!

フィンジアとチャップアップは、どちらも男性の薄毛のための商品です。

有名という点では甲乙つけがたいけれど、その違いを知らないまま購入している人が少なくないようです。

違いを知って、より自分に合うものを選びましょう。

フィンジアとチャップアップは薬機法上の分類が違う

薬機法というのは、以前の薬事法のこと。

この法律ではフィンジアは「化粧品」、チャップアップは「医薬部外品」です。

化粧品とは、使用して現状を維持したり見た目を良くしたりするものを指し、何らかの改善がみられるという表記はできません。

それに対し医薬部外品は厚労省が認可した有効成分を一定量配合したもので、医薬品ほどではないものの何らかの効果を謳うことができます。

でも、だからといって化粧品のほうが低レベルという訳ではありません。

医薬部外品は成分の種類や量に縛りがあり、日本で認可されていない成分は配合できませんが、化粧品ならできます。

フィンジアの主成分ピディオキシジルとキャピキシルは多くの国で認められていますが、日本では認可されていないため、化粧品以外には配合できないのです。

フィンジアvsチャップアップ①成分とその作用で比較

まずは、育毛に働きかける成分とその作用について見てみましょう。

フィンジアの育毛ケア成分とその作用

2大先進スカルプ成分と銘打っているのが、キャピキシルとピディオキシジルです。

キャピキシル

アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3から生成される成分で、開発メーカーが長期間かけて臨床試験を行なっています。

その結果、以下の効果が期待できるとしています。

・5αリダクターゼの抑制
・毛乳頭細胞の活性化
・頭皮の炎症抑
・活性酸素を抑える抗酸化作用

ピディオキシジル

ミノキシジルの分子構造を一部変化させた誘導体で、副作用が起きにくくなっています。

こちらも開発メーカーが様々なテストを行ない、以下の結果が出ています。

・髪の成長期を伸ばす
・休止期の髪を成長期に移行させる
・血管拡張による血行促進

カプサイシン

 

唐辛子の成分で、冬に靴下の中に入れておくだけで冷えから守るといわれているほど、血行を良くする作用があります。

頭皮に使用すると毛穴を開かせ、成分を浸透しやすくします。

さらに、血行促進作用で頭皮のコリに働きかけ、柔軟性を取り戻すサポートをしてくれるのです。

10種類の毛髪成分

植物由来成分など10種類を配合し、髪の元気や頭皮の健康維持に働きかけます。

特にヒオウギには、女性の豊かな髪の源となる女性ホルモンに似たイソフラボン誘導体が多く含まれています。

チャップアップの育毛ケア成分とその作用

以前はM-034という海藻成分が売りでしたが、リニューアルして3つの有効成分と多くの天然成分で育毛に働きかける仕様に変わりました。

センブリエキス

厚労省から認められた育毛有効成分で、以下の働きがあります。

・血行促進作用
・抗炎症作用
・毛乳頭細胞分裂作用
・抗酸化作用

グリチルリチン酸ジカリウム

甘草の根や茎から抽出された厚労省認可成分で、以下の作用があります。

・殺菌作用
・抗炎症作用

特に男性に多い皮脂過剰によって雑菌が繁殖するのを防ぎ、フケやかゆみを抑えます。

ジフェンヒドラミンHCL

厚労省が育毛効果を認めているもう一つの成分で、ほとんどの育毛剤に配合されています。

・抗炎症作用
・抗アレルギー作用

頭皮環境を整え、育毛に適した状態をキープします。

55種類の天然成分+15種類のアミノ酸

ヒオウギ抽出液、ビワ葉エキス、オウゴンエキスなど、頭皮に特化した成分を多く配合しています。

特にオウゴンエキスは5αリダクターゼに作用し、DHTの生成を阻害する効果が期待されています。

AGAにはどっちが期待できそう?

2商品の成分はどれも似たような作用がありますが、どの成分を推しているか、公式サイトである程度判断できます。

フィンジアは、DHT抑制に働きかける作用が強いキャピキシルをイチオシにしているのがわかりますね。

それに対し、チャップアップは血行促進と皮脂抑制作用を持つ3つの有効成分を前面に出していますが、これらはAGAに直接作用するものではありません。

また、フィンジアの2大成分に関する臨床試験などのデータは、製造元のルーカスマイヤー社やクマールオーガニックプロダクツが公表しており、ある程度信頼がおけます。

それに対し、チャップアップは特に公表していません。

すでに国に認められた有効成分を配合しているとはいえ、しっかりしたデータがないと不安ですよね。

その点でも、AGAにはフィンジアのほうが期待できるでしょう。

フィンジアvsチャップアップ②価格と購入コースを比較

育毛ケアはずっと続けるものですから、できるだけ安く購入したいもの。

どちらも育毛ケア製品としては高額ですが、その分実感度も高く、リピーター続出商品です。

そこで、価格を比較しました。

価格ではチャップアップの勝ち!

購入コース フィンジア チャップアップ
単品購入 12,800円+送料640円 7,400円+送料660円
2本まとめ買い1本当たり 6,900円(送料無料)
3本まとめ買い1本当たり 11,600円(送料無料)
定期お届けコース(1本) 9,980円(送料無料) 7,400円(送料無料)
定期お届けコース(3本) 8,966円(送料無料)

フィンジアは定期の3本お届けコースが最も安く、8,966円です。

チャップアップの場合、定期コースより2本まとめ買いのほうが安く、6,900円ですね。

2,000円以上の差がつくのはちょっと大きいかもしれません。

フィンジアが高価なのは、キャピキシルやピディオキシジルを海外から輸入しているからです。

その点、チャップアップは多くの育毛剤に配合されている成分が多く、それでいてそれらより価格は高めです。

うがった見方になりますが、チャップアップは非常に宣伝費にコストをかけているため、その宣伝費が商品価格に上乗せされているかも…?

もちろん、チャップアップで実感できたという人も多いので、まずは安いチャップアップで試してみるのも良いですね。

セット商品の価格は?

チャップアップには、シャンプーやサプリとのセットもあります。

セット内容(定期便) 価格 メーカー希望価格との差
チャップアップ+シャンプー 8,880円(送料無料) -2,700円
チャップアップ+サプリ 9,090円(送料無料) -4,270円
チャップアップ+シャンプー+サプリ 12,370円(送料無料) -5,170円

サプリメント単品のメーカー希望価格は5,960円、シャンプーは4,180円ですから、チャップアップとセットで定期購入すれば、かなりお手頃価格になりますね。

フィンジアvsチャップアップ③使用で気になる点は?

ここでは、実際に使用してみて気づいたことをまとめました。

1日に塗布する回数は?

フィンジアは「朝晩2回+頭皮マッサージ」、チャップアップは「1日1回+頭皮マッサージ1分」です。

どちらもこの回数で育毛ケアができるようになっていますが、2回を面倒と捉えるか、1回を少なくて不安と感じるか、は人それぞれです。

また、チャップアップは1日のうちいつが最適か、ということがありません。
「使用する時間は朝でも夜でもいつでも大丈夫ですが、洗髪後にご使用していただくとより効果的です」と書かれています。

しかし、育毛ケア商品は、成分の作用を継続させることが最も重要です。

例えばチャップアップをある日は朝、翌日は夜使用すると、間が30時間以上空くことになり、それで大丈夫なのかと不安になりますよね。

また、マッサージの回数の差も気になるところ。

薄毛になりつつある頭皮は硬くなっていることが多く、その下にある血管が圧迫されて血液が届きにくくなっています。

血流を良くして栄養をしっかり届けるには頭皮を柔らかくすることが大切ですから、マッサージの回数は多いほど良いのです。

フィンジアだと最低でも1日2回頭皮マッサージをすることになり、チャップアップより髪の成長にプラスになりそうです。

1回の使用量は?

フィンジアは1ヶ月分が50ml、チャップアップは120mlとかなり差があります。

1回の使用量はそれぞれ5~10プッシュ、約30プッシュとなっており、フィンジアでは少なすぎて気になるところ全部に塗布できない、というデメリットがあります。

そのため、薄毛の範囲が広い場合はチャップアップのほうが使いやすいでしょう。

フィンジアを使いたい場合は、できるだけ髪につけないようブラシなどで髪を固定すると良いですね。

どんなテクスチャー?

テクスチャーのタイプは似ています。

どちらかというとフィンジアのほうがかすかにとろみがありますが、どちらもサラサラ系です。

チャップアップは1回の使用量が多いので問題ありませんが、フィンジアの場合は5~10プッシュなので、できるだけ髪につかないように注意が必要です。

どちらも髪がべとつくことはありません。

ニオイはする?

フィンジアもチャップアップも特に成分のニオイはなく、かすかにアルコールのニオイがするだけです。

これは、アルコール(エタノール)が各成分を均等に混ぜるための溶剤として、どちらにも多く配合されているからです。

塗布後数分でアルコール臭は消えるので、よほど鼻が敏感な人でない限り気にならないでしょう。

フィンジアvsチャップアップ④返金保証の内容は?

両製品とも初回に限り全額返金保証がありますが、若干内容が違います。

両者の保証期間・内容の違い

フィンジア チャップアップ 返金の際の手数料
保証期間 単品購入 対象外 30日以内 振込手数料
定期購入 30日以内 永 久 振込手数料+事務手数料1,000円(+送料)

フィンジアは、全額返金保証があるのは定期コースのみ、かつ受け取り後30日以内ですが、チャップアップは単品購入が30日、定期コースは永久全額返金保証がついています。

どちらも初回のみ、かつ一度この制度を利用すると、それ以降メーカーのすべての商品が購入できなくなります。

実際の返金額は?

フィンジアは、返金の際振込手数料のみ差し引かれます。

チャップアップは、振込手数料の他に事務手数料1,000円、さらに購入時送料無料となっていても、その分の送料も差し引いた額が振り込まれます。

フィンジアとチャップアップは併用しても大丈夫?

少しでも安く上げたいから、あるいは両方の作用でパワーアップしそうだから、朝晩で片方ずつ使いたい、と思っている人はいませんか?

これは、以下の理由であまりおすすめできません。

副作用が起きないとはいえない

成分だけで見れば、特に副作用などの危険はないでしょう。

チャップアップは医薬部外品なので、有効成分センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCLの配合量に制限があります。

しかしフィンジアには配合されていないため、両方使用しても制限を超えることはなく、特に問題が起こることはないと考えられます。

ただし、メーカー側では他社商品の成分との相性までは検査していませんから、何らかの症状が出る可能性はゼロではありません。

効果が弱まる可能性がある

チャップアップは元々1日1回なので良いのですが、問題はフィンジアです。

フィンジアは1日2回使用することで、成分の作用が持続するようになっています。

それを1回に減らしてしまうと、キャピキシルやピディオキシジルのパワーが半日しか持たないことになってしまうのです。

どうしても両方使用したいという場合は、フィンジアを夜使うことをおすすめします。

睡眠中は成長ホルモンの作用で頭皮細胞が修復され、髪の成長が促進されます。

フィンジアは、その働きを助ける作用が期待できるのです。

まとめ:AGAに悩む男性にはフィンジアの方をおすすめ

男性の脱毛症の多くはAGAです。

フィンジアは、AGAに対する作用が多くの臨床データで証明されています。

さらに、AGA以外の脱毛もケアできる天然成分が配合されており、信頼できる製品です。

対するチャップアップは臨床データがなく、さらにAGAに対応する成分が主成分ではないため、AGA以外の脱毛症のほうが向いているといえます。

AGAに悩む男性には、フィンジアをおすすめします。